ペーパードライバーの教習の一般的な主なお申込みの方法について

ペーパードライバー申込方法

Uncategorized

ペーパードライバーがこれだけは知っておきたい標識・交通ルール

投稿日:

免許は持っているのに公道で長い間運転していないペーパードライバーの方は、そうしたブランクの間に、さまざまな道路標識やルールを忘れている可能性があります。
標識や交通ルールはドライバーが安全で円滑な運転をするために、また周囲に害を及ぼさないようにするうえでとても重要なものです。
したがってペーパードライバーの方でこれから再び運転する方は、今一度、基本的な標識や交通ルールを確認しおくようにしましょう。
例えば道路標識では最低限、次のものは覚えておきましょう。

基本的な標識や交通ルールを確認

それは一時停止の標識、進入禁止の標識、徐行、通行止め・車両通行止め、駐車禁止・駐停車禁止などです。
これらは基本的ですがどれも重要なものばかりです。
一時停止は全国至るところで見られる標識の代表的存在ですが、この標識があるところでは必ず車両は一時停止しなければなりません。
進入禁止は、車両の進入を禁止する標識です。
一方通行の場所ではこの標識が掲げられており、間違って進入すると対向車と正面衝突する恐れがあり危険です。
徐行は、その場所ではゆっくり進むことを指示する標識です。

スピードを出すと危険がある場所に設置されていますが、概ね道路幅の狭い場所であり、その場所でスピードを出すと危険が増幅します。
ペーパードライバーが覚えておきたい交通ルールとしては、車の制動距離、法定速度、信号機、横断者への対応と保護、緊急自動車への対応などがあります。
いずれもドライバーの安全を守るものとなりますが、それだけでなく周囲の安全を保護する目的でもあります。
それと同時に、もし交通ルールに違反すると罰則を受けることになります。
罰則は違反によって違いますが、数ヶ月に及ぶ懲役や数万円の罰金刑などが課されます。
道路標識も交通ルールも、それを覚えることは公道で車を走らせるドライバーの義務です。
昔運転していた方は自信があるかもしれませんが、決して過信せずに、ペーパードライバー講習などを受講して大事な道路標識や交通ルールを確認しておくようにしましょう。

-Uncategorized

Copyright© ペーパードライバー申込方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.